• 本

生態人類学は挑む SESSION2

わける・ためる

出版社名 京都大学学術出版会
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-8140-0344-0
4-8140-0344-7
税込価格 3,300円
頁数・縦 283P 21cm

商品内容

要旨

分配から「喜び」を見出したヒトが、喜びを見失い不平等な時代を生き始めている。共に生きる喜びが芽生えるときをいまいちど振り返りたい。食べ物をめぐる根源的行為からみえる、人間社会の網の目。

目次

第1部 霊長類と人をつなぐ分配と平等(食物分配の進化と平等原則―チンパンジーとボノボの世界から
分かち合う人間―狩猟採集民サンのシェアリングと現代社会
分配に与る者―目の不自由な狩猟採集民ジェマの一生)
第2部 分配のエスノグラフィー(狩猟採集民バカの食物分配―過剰な分配とひそやかな交渉
よろこびを分かち合う島―バヌアツ共和国の共食文化
富を蓄えつつ分配する人びと―エチオピア農耕民の地下貯蔵庫)
第3部 せめぎあう平等と不平等(国家を受けいれた社会の平等性―マダガスカル漁民の生業戦略と社会関係
狩猟採集と不平等―不平等社会確立の条件に関する試論
「わける・ためる」から見る人の進化史―最終共通祖先から家族の登場まで)

著者紹介

寺嶋 秀明 (テラシマ ヒデアキ)  
神戸学院大学名誉教授。京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学、博士(理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)