• 本

合唱組曲・吸血鬼のうた

集英社オレンジ文庫 あ4−7

出版社名 集英社
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-08-680396-0
4-08-680396-8
税込価格 616円
頁数・縦 248P 15cm

商品内容

要旨

合唱コンサートの帰り、見知らぬ女性に『リュドミラ様』と呼びかけられたエリカたち。エリカの友人・関谷しおりと、その『リュドミラ』が瓜ふたつだというのだが…?しおりとリュドミラ、日本とトランシルヴァニアを繋ぐ幻の秘宝“マキシミリアン大公の十字架”の謎を追って、クロロック父娘は東欧に飛ぶ!大人気ロングランシリーズ、待望の最新作!

出版社・メーカーコメント

合唱コンサートの帰り、見知らぬ女性に『リュドミラ様』と呼び掛けられたエリカたち。コーラスグループのピアノ奏者でエリカの友人・関谷しおりと、『リュドミラ』が瓜ふたつだというのだ。帰宅したしおりから話を聞いた母・美穂子は何か知っているような様子だが、詳しくは語ろうとしない。その矢先、美穂子が古美術品の取引で詐欺に遭ってしまう。日本とトランシルヴァニアを繋げる、幻の秘宝〈マキシミリアン大公の十字架〉とは!?詐欺事件の真相、そして十字架と『悪霊祓い』の伝説を確かめるため、しおり母娘とクロロック父娘は東欧へ飛ぶ! 表題作ほか、休日ショッピングに出かけたクロロック一家、デパートで凶悪殺人犯の待ち合わせに遭遇!? 『吸血鬼と悪夢の休日』、温泉地に向かう電車に駆け込んできたのは、クロロックと駆け落ちする女性!? 『吸血鬼の道行日記』の二編を収録。

著者紹介

赤川 次郎 (アカガワ ジロウ)  
1948年福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。「吸血鬼はお年ごろ」シリーズほか、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。2016年、吉川英治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)