• 本

威風堂々惡女 7

集英社オレンジ文庫 し7−8

出版社名 集英社
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-08-680397-7
4-08-680397-6
税込価格 649円
頁数・縦 251P 15cm
シリーズ名 威風堂々惡女

商品内容

要旨

焼け落ちた雪媛の生家を訪れ「住人は死んだ」という噂も耳にした青嘉だったが、秋海たちはどこかへ逃げ延びたと信じて探し始めた。一方、皇帝の命によって流刑地から後宮へ戻ることになった雪媛は、皇帝・碧成しか訪れない小さな楼閣・夢籠閣に軟禁され、親しい侍従や協力者とも引き離されてしまった。常に見張られ続け、雪媛の心身はしだいに衰弱してしまい…?

出版社・メーカーコメント

雪媛に命じられ、火事になったという雪媛の生家を訪れた青嘉。しかし残っていたのは焼け落ちた残骸のみで、雪媛の母・秋海と丹子の生死も行方も分からない。「天罰がくだった」「住人は死んだ」という隣人たちだったが、青嘉は秋海がどこかへ逃げ延びたと信じ探し始めるが……? 一方、皇帝の命によって流刑地から後宮へ戻ることになった雪媛。しかし皇帝・碧成しか訪れない小さな楼閣・夢籠閣に軟禁されてしまい、親しい侍従や協力者とも引き離されてしまった。常に見張られ誰かと連絡を取ることもできず、雪媛の心身はしだいに衰弱してしまう。さらに嫉妬と猜疑心に満ちた皇帝の暴虐により、青嘉と珠麗の婚儀が強引に行われようとしていた!孤高の歴史改変中華転生物語、緊迫の第7弾!

著者紹介

白洲 梓 (シラス アズサ)  
『最後の王妃』で2015年度ノベル大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)