• 本

ハリー・ポッターと呪いの子 舞台脚本愛蔵版 第1部

ハリー・ポッター文庫 20

出版社名 静山社
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-86389-619-2
4-86389-619-0
税込価格 858円
頁数・縦 283P 15cm
シリーズ名 ハリー・ポッターと呪いの子

商品内容

要旨

8番目の物語。19年後。『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。

著者紹介

ローリング,J.K. (ローリング,J.K.)   Rowling,J.K.
作家。著作に「ハリー・ポッター」シリーズ全7巻、元はチャリティのために出版された副読本3作がある。ロバート・ガルブレイスのペンネームで書かれた「私立探偵コーモラン・ストライク」シリーズ。映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では脚本家デビューを果たした
ティファニー,ジョン (ティファニー,ジョン)   Tiffany,John
演出家。英国ウェスト・エンドと米国ブロードウェイの両方で演出を手がけ、受賞作多数。演出作品は多岐にわたる。スコットランド国立劇場の副芸術監督(2005年〜2012年)。現在、ロイヤル・コート劇場の副芸術監督
ソーン,ジャック (ソーン,ジャック)   Thorne,Jack
脚本家。舞台、映画、テレビ、ラジオの脚本を執筆。『Hope』、『Let the Right One In』などの多くの舞台脚本を手がける。テレビ番組は、英国アカデミー賞受賞作『Don’t Take My Baby』など
松岡 佑子 (マツオカ ユウコ)  
翻訳家。国際基督教大学卒、モントレー国際大学院大学国際政治学修士。日本ペンクラブ会員。スイス在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)