• 本

最強のマルクス経済学講義

出版社名 ナカニシヤ出版
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-7795-1586-6
4-7795-1586-6
税込価格 3,960円
頁数・縦 403P 21cm

商品内容

要旨

21世紀の超本格派マルクス経済学テキスト、ついに登場!資本論体系から数理マルクス経済学、マルクス主義的歴史理論までを体系的に解説。

目次

第1部 資本論体系(経済学批判体系の確立
商品と貨幣
剰余価値
相対的剰余価値の生産と大工業
資本の生産過程と蓄積過程
『資本論』における資本主義の歴史的イチ
恐怖論史)
第2部 数理マルクス経済学(投下労働価値の定式化と純生産可能条件
マルクスの基本定理
マルクスの基本定理への批判と反論
均等利潤率と生産価格体系
均斉成長と傾向法則
投下労働価値の実証分析
価値利潤率と剰余価値率の実証分析
再生産表式)
第3部 経済史(マルクス主義的歴史理論の展開―山田盛太郎から大塚久雄へ)

著者紹介

松尾 匡 (マツオ タダス)  
1964年生まれ。神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。立命館大学経済学部教授。理論経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)