• 本

相対論

基幹講座物理学

出版社名 東京図書
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-489-02364-4
4-489-02364-2
税込価格 3,520円
頁数・縦 243P 21cm

商品内容

要旨

現代社会の科学・技術の基盤、文明発達の原動力は物理学である。本講座は、その中で物理学が果たす本質的な役割や、表層的ではない真の物理学の姿を、根源的な基礎理論を軸に、最新の話題まで理解できるようにまとめた。

目次

特殊相対論
擬リーマン幾何による重力場の記述
一般相対論
弱い重力場
一般相対論の初期値問題としての定式化
球対称ブラックホール
回転するブラックホール
重力波
相対論的宇宙モデル
インフレーションによるゆらぎの生成
ホーキング放射
補章

著者紹介

益川 敏英 (マスカワ トシヒデ)  
名古屋大学素粒子宇宙起源研究所名誉所長・特別教授/京都大学名誉教授/京都産業大学名誉教授
植松 恒夫 (ウエマツ ツネオ)  
京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻教授(〜2012年3月)。京都大学国際高等教育院特定教授(2013年4月〜2018年3月)。京都大学名誉教授
青山 秀明 (アオヤマ ヒデアキ)  
京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻教授(〜2019年3月)。京都大学大学院総合生存学館(思修館)特任教授(2019年4月〜2020年3月)。京都大学名誉教授、経済産業研究所ファカルティフェロー、理研iTHEMS客員主管研究員
田中 貴浩 (タナカ タカヒロ)  
京都大学大学院理学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)