• 本

フランク史 1

クローヴィス以前

出版社名 名古屋大学出版会
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-8158-1030-6
4-8158-1030-3
税込価格 7,920円
頁数・縦 315,76P 22cm

商品内容

要旨

ヨーロッパ世界のもう一つの起源―欧州はギリシア・ローマからまっすぐに生まれたのではない。世界システムの大変動後、遠隔地交易、ローマ帝国との対抗、民族移動などを経て誕生した、500年にわたるフランク国家。「自由なる民」の淵源から王朝断絶までをたどる初めての通史。本巻では、初代王にいたる波乱の歴史を描く。

目次

第1部 起源の地を求めて(大西洋世界の展開と青銅器時代後期システムの崩壊
北海・バルト海地方と東地中海文化の接触
ローマ人のエルベ川流域への進出計画
ゲルマン諸部族の再編へ)
第2部 フランク同盟の盛衰(侵略と土地占取の時代
帝国に奉仕するフランク人
フランク首長層の台頭と転落)
第3部 フン族の影のもとで(五世紀初頭の政治動向とガリア
西ローマ帝国・ヴァンダル族・フン族
メロヴィング朝の起源とキルデリクス一世)

著者紹介

佐藤 彰一 (サトウ ショウイチ)  
1945年生まれ。1978年早稲田大学文学研究科博士課程退学。名古屋大学文学研究科教授などを経て、名古屋大学名誉教授、日本学士院会員、フランス学士院会員、博士(文学)。著書『修道院と農民』(名古屋大学出版会、1997年、日本学士院賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)