• 本

死る旅

出版社名 二見書房
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-576-21097-1
4-576-21097-1
税込価格 1,595円
頁数・縦 332P 19cm

商品内容

要旨

触れば即死の石、見てはいけない祭、米を作ると死ぬ田、死者に届く手紙…本当に怖いものとは何なのか?究極の未知=死を追うノンフィクション。

目次

熱海、未完の橋を目指して逃亡の旅
心霊スポットに飽きちゃった?自我崩壊、目的のない旅
精霊、通り魔、生首女…恐怖が渋滞する異国の地・タイ
宮崎で七百体の石像と戯れ、神話の世界を大冒険
正義とは何なのか?鬼の棲む城で命がけの崖くだり
出会って〇秒で即死する怨霊七人ミサキを追いかける
いざなぎ流の太夫が見た、変な死に方をしたうしろのモノ
伝説の霊能者の聖地にて確実に豹変する後輩芸人
自殺の名所・東尋坊に行っても自殺者の気持ちはわからない
原稿の締切守れずリアル島流し 流刑の島とキリシタン島で執筆
絶望と希望が同居する廃墟の島には猫がいっぱい
島中の電灯が消える時、神様は絶対に見てはいけない
死る旅ギャラリー
この世とあの世の境界で死者への手紙を天国に届ける
沖縄戦激戦地と防空壕でありったけの地獄巡り
人は裏切る、遺体は裏切らない 遺体管理人が見つけた居場所
孤独死について考えた 東北いわきで生と死の祭に参加
二十六年と十年経って、初めて向き合った二つの震災
即身仏になるために死ぬけど即身仏は永遠に死なない
人のために力を使い続ける現代のシャーマン
触れば即死、指差しても吐血のたたり石で百物語

出版社・メーカーコメント

『事故物件怪談 恐い間取り』の著者による新刊。見たら死ぬ怨霊、触ったら死ぬ石…〈死にまつわる場所〉を旅したノンフィクション。

著者紹介

松原 タニシ (マツバラ タニシ)  
1982年4月28日、兵庫県神戸市生まれ。松竹芸能所属のピン芸人。現在は「事故物件住みます芸人」として活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)