• 本

語り継ぐこの国のかたち

だいわ文庫 440−1H

出版社名 大和書房
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-479-30874-4
4-479-30874-1
税込価格 880円
頁数・縦 313P 15cm

商品内容

要旨

日本が無謀な戦争へと至った、あやまちの系譜。明治から現代につづく激動の時代を、ひたむきに生き抜いた人々の姿。歴史のなかに残された、未来への手がかりをさぐる。昭和史研究の巨人・半藤一利氏が遺した、歴史から未来への道を探る一冊。

目次

第1部 戦争がこの国に遺したもの(日本のノー・リターン・ポイント―明治からたどる歴史の転換点
戦争のなかの天皇―明治天皇の御製にみる日露戦争
過ちがくりかえされる構造―ノモンハン事件と日本的思考
日本を暴走させた人たち―参謀から考える日本軍「失敗の本質」
わたくしの八月十五日―終戦の記憶と平和への祈り
戦争で死ぬということ―戦死者をどう追悼すべきか)
第2部 この国の未来に伝えたいこと(信念をつらぬく覚悟を―陸奥宗光と外交の神随
正しいことを言う勇気―石橋湛山が思い描いた未来図
言論の自由をいかに守るか―権力とメディアの日本史
知識人の役目―小泉信三と戦後日本の精神
語り継ぐこの国のかたち―司馬遼太郎の遺言
日本の原風景をなくさない―宮崎駿の世界に寄せて)

著者紹介

半藤 一利 (ハンドウ カズトシ)  
1930(昭和5年)‐2021。東京都・向島生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋に入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役などを経て、作家となる。1993年、『漱石先生ぞな、もし』(文藝春秋)で新田次郎文学賞、1998年に『ノモンハンの夏』(文藝春秋)で山本七平賞、2006年に『昭和史1926‐1945』『昭和史 戦後篇1945‐1989』(平凡社)で毎日出版文化賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)