• 本

関西人の常識VS関東人の常識 最新版

KAWADE夢文庫 K1169

出版社名 河出書房新社
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-309-48569-0
4-309-48569-3
税込価格 792円
頁数・縦 222P 15cm

商品内容

要旨

「関西」と「関東」では、食や言葉が違うだけでなく考え方やしきたり、文化、乗り物事情なども大きく異なる。うっかり恥をかかないための虎の巻!

目次

1 知らないと恥をかく「暗黙のオキテ」―えっ、関東人は優先席がガラガラでも座らへんの?!
2 「所変われば品変わる」は本当だった―灯油のポリタンク、関西では赤でなく「青」ってマジですか?
3 “あっち側”の「食の常識」に驚く!―東京の人は豚まんにカラシを付けへんて、ホンマ?
4 関東人には謎すぎる「関西人の習性」―上京して長いのに、大阪弁が抜けないのはナゼですか?
5 そもそも「伝統・文化」がこんなに違う―日本人に多い名字ていうたら「田中」とちゃうの?
6 同じ日本人なのに「ことば」が通じない?!―「自分どうなん?」って、一瞬誰を指すのかわかりません!
7 「乗り物事情」から見える東西の違い―特急なみに早い「新快速」、なんで東日本にないのん?

出版社・メーカーコメント

関西と関東、所変われば、まるで別の国? ライフスタイル、食、言葉、風習…など、日々の暮らしの中にある西と東の「常識」の違いを紹介。違いの由来や近年の傾向にも触れながら「暗黙の掟」に迫る!