• 本

ライズ・オブ・eスポーツ ゲーマーの情熱から生まれた巨大ビジネス

出版社名 白揚社
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-8269-0228-1
4-8269-0228-X
税込価格 2,640円
頁数・縦 346P 19cm

商品内容

要旨

大学の寮住まいだったアレキサンダー・ガーフィールドは、平均レベルのゲーミングチーム「イービル・ジーニアス」を、いかにして数百万ドル規模の世界的なeスポーツ帝国へと育てあげたのか。ブランドン・ベックとマーク・メリルは、いかなる方法で『リーグ・オブ・レジェンド』世界大会を成功させ、同ゲームを年間収益17億ドル以上という、世界最大の人気PCゲームへと押し上げたのか。そして、薬物問題、労働争議、女性差別は業界にいかなる影を落としたか―eスポーツという新たな業界・文化の興隆から暗部まで、あますところなく描く。

目次

第1章 悪の天才―アレキサンダー・ガーフィールドと北米の台頭
第2章 ソウルの皇帝―ボクサーと『ブルードウォー』
第3章 核ミサイル発射を検知しました―『スタークラフト2』の爆発的人気
第4章 夢のストリーム―Twitch
第5章 挑戦者、現る―『リーグ・オブ・レジェンド』の登場
第6章 アンバランス―女性と人種とゲーム
第7章 勝つために生まれてきた―『DOTA2』が賭け金を上げる
第8章 資金の奔流―eスポーツにふたたび大金が流れこむ
第9章 1800万ドルへの道―ザ・インターナショナル第5回大会

著者紹介

リー,ローランド (リー,ローランド)   Li,Roland
1988年、北京生まれ。カリフォルニア州オークランド在住のジャーナリスト。ウォール・ストリート・ジャーナル紙、ニューヨーク・タイムズ紙、ニューヨーク・オブザーバー紙、インタビュー誌などで活躍。医学部進学後、専攻を変えてニューヨーク大学でジャーナリズムと歴史を学ぶ。8年間ニューヨークで暮らしたのち、2015年に西海岸に転居。現在はサンフランシスコ・クロニクル紙で商業不動産の記事を担当している
小浜 杳 (コハマ ハルカ)  
横浜生まれ。翻訳家。東京大学英語英米文学科卒。書籍翻訳のほか、映画字幕翻訳も手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)