• 本

あやかし夫婦は地獄の果てで君を待つ。

富士見L文庫 ゆ−1−2−9 浅草鬼嫁日記 9

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-04-073661-7
4-04-073661-3
税込価格 704円
頁数・縦 284P 15cm

商品内容

要旨

「茨木真紀は、まだ、助けられるぞ」ライの凶刃に真紀が倒れ、絶望に暮れる馨。そこへ助言を与えたのは、宿敵・安倍晴明の生まれ変わりである叶だった。彼女は前世“茨木童子”の重ねた罪で、地獄に魂が囚われている。閻魔大王の判決を覆し、連れ戻せれば目覚める可能性はある、と。一縷の望みに、馨は迷わず地獄へ向かう。そこでは姿が前世“酒呑童子”に変わり、鬼の獄卒として出世していくことになり…!?彼岸花の咲く地獄の果て。朽ちゆく大魔縁・茨木童子―真紀が待つ、その場所へ辿り着くために。

出版社・メーカーコメント

『――絶対に、連れ戻す。地獄の果てまで、お前を探しに行ってくるから。』ライの凶刃に倒れた真紀。その魂が落ちたという地獄へ、馨は迷うことなく向かう。地獄では酒呑童子となり、鬼の獄卒として働く馨。彼岸花の咲く地獄の果てで、朽ちていく大魔縁・茨木童子――真紀を救い出すために。

著者紹介

友麻 碧 (ユウマ ミドリ)  
福岡県出身。小説『かくりよの宿飯』シリーズが大ヒットとなり、コミカライズ、TVアニメ化、舞台化など広く展開する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)