• 本

後宮の花は偽りを紡ぐ

双葉文庫 あ−60−06 後宮の花シリーズ 6

出版社名 双葉社
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-575-52484-0
4-575-52484-0
税込価格 715円
頁数・縦 311P 15cm

商品内容

要旨

皇帝である叡明が片目を失ったため、偽りの皇帝夫婦としての人生を歩まざるを得なくなった翔央と蓮珠。しかし、仕事を続ける女性の少ないなか、何年も官吏として誇りをもって働いてきた蓮珠と彼女を取り巻く人々の胸中は複雑だった。そんな折、墓参りの季節に合わせて、威国に嫁いだ翔央たちの姉・蒼妃が相国に帰国することに。亡き人を悼みたい周囲の気持ちにこたえるため尽力する蓮珠だが、またしても思わぬトラブルが舞い込んで…!?大人気中華後宮ファンタジー、知られざる人物たちの「偽りに隠された想い」が溢れる第六巻。

出版社・メーカーコメント

皇帝である叡明が片目を失ったため、偽りの皇帝夫婦としての人生を歩まざるを得なくなった翔央と蓮珠。しかし、仕事を続ける女性の少ないなか、何年も官吏として誇りをもって働いてきた蓮珠の胸中は複雑だった。そんな折、またしてもトラブルが舞い込んで……!? 大人気中華後宮ファンタジー、知られざる登場人物たちの「秘密」がわかる第六巻。

著者紹介

天城 智尋 (アマギ チヒロ)  
東京都生まれ。『後宮の花は偽りをまとう』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)