• 本

兵諫

出版社名 講談社
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-06-523049-7
4-06-523049-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 277P 20cm

商品内容

要旨

日本で二・二六事件が起きた1936年。中国の古都、西安近郊で、国民政府最高指導者、蒋介石に張学良の軍が叛旗を翻すクーデターが発生。蒋介石の命は絶望視され、日米の記者たちは特ダネを求め、真相に迫ろうとする。日本では陸軍参謀本部という秘密の匣の中で石原莞爾が情報を操っており、中国では西安事件の軍事法廷で、張学良は首謀者ではないとする証言がなされた。現代中国の起点となった事件の現場に起つ救世主は誰か。

出版社・メーカーコメント

著者代表作にして大ベストセラー『蒼穹の昴』シリーズ第6部。1936年、蒋介石を張学良が拉致した西安事件の胸熱くする真相とは。

著者紹介

浅田 次郎 (アサダ ジロウ)  
1951年東京都生まれ。1995年『地下鉄に乗って』で第十六回吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で第百十七回直木賞、2000年『壬生義士伝』で第十三回柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で第一回中央公論文芸賞と第十回司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で第四十二回吉川英治文学賞、2010年『終わらざる夏』で第六十四回毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第四十三回大佛次郎賞をそれぞれ受賞。2015年紫綬褒章受章。2019年「蒼穹の昴」シリーズをはじめとする文学界への貢献で第67回菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)