• 本

決定版大東亜戦争 上

新潮新書 913

出版社名 新潮社
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-10-610913-3
4-10-610913-1
税込価格 902円
頁数・縦 266P 18cm
シリーズ名 決定版大東亜戦争

商品内容

要旨

満州事変から始まり敗戦で終わる足掛け15年の戦争は、従来、「先の大戦」「あの戦争」などと曖昧な呼称で論じられてきた。しかし、本書のために集結した歴史家たちは今回、敢えて「大東亜戦争」の表現を選んでいる。イデオロギーを抜きにすれば、この呼称こそが「あの戦争」の全貌を最も的確に伝えるからだ。二分冊の上巻では、開戦後の戦略、米英ソ中など「敵国」の動向、戦時下の国民生活の内実などに迫る。

目次

1 開戦と戦略(日本の戦争指導計画と作戦展開
英米ソ「大同盟」における対日戦略
中国から見た開戦とその展開)
2 共栄圏の政治・経済(大東亜会議と「アジアの解放」
大東亜戦争期の日中和平工作―繆斌工作を中心として
財政・金融規律の崩壊と国民生活)

著者紹介

波多野 澄雄 (ハタノ スミオ)  
筑波大学名誉教授
赤木 完爾 (アカギ カンジ)  
慶應義塾大学名誉教授
川島 真 (カワシマ シン)  
東京大学教授
戸部 良一 (トベ リョウイチ)  
国際日本文化研究センター名誉教授
松元 崇 (マツモト タカシ)  
国家公務員共済組合連合会理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)