• 本

歴史探偵昭和の教え

文春新書 1319

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-16-661319-9
4-16-661319-7
税込価格 924円
頁数・縦 231P 18cm

商品内容

要旨

半藤さんが伝えたかったこと。未収録エッセイシリーズ第二弾。歴史を愛し、誰よりも愉しんだ著者による歴史読み物。

目次

第1章 昭和史の語り部として(二・二六事件「宮城占拠計画」の謎は解けた
責任を背負って史実を書いた阿川弘之さん ほか)
第2章 歴史あれこれ(『古事記』と『日本書紀』
腹を切るということ ほか)
第3章 漢籍のたのしみ(春秋からの連想
「百」のあれこれ ほか)
第4章 ことばの世界(悪口の多種多様
言葉をつくる ほか)
第5章 わが体験的昭和史(相撲改革 四本柱の思い出
人が神になる話 ほか)

著者紹介

半藤 一利 (ハンドウ カズトシ)  
1930年生まれ。作家。文藝春秋に入社し、『週刊文春』『文藝春秋』などの編集長、専務取締役を歴任。昭和史研究の第一人者として知られる。2021年1月12日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)