• 本

ゴビ砂漠からの脱出 私の中国/アメリカ物語

出版社名 金融財政事情研究会
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-322-13560-2
4-322-13560-9
税込価格 4,180円
頁数・縦 580P 図版16P 21cm

商品内容

要旨

ゴビ砂漠の農業労働者からウォートン校のプロフェッサーとなり、アジア有数の投資会社の会長兼CEOとなった著者が見た文化大革命下の中国、冷戦終結前後のアメリカの姿とは?

目次

人がもたらした飢饉
切り上げられた学校生活
革命の嵐
天下大乱
ゴビ砂漠への下放
ジャガイモを掘る
迫り来る戦争
地球を修理する
凍った湖との闘い
いちばん長かった夜
忘れられない映画の夜
裸足の医者
古代のやり方でレンガづくり
毛への請願書
豚は飛ばない
空の半分
砂漠で見た大学への夢
革命の最後のあがき
ローマへの道
旧金山(サンフランシスコ)
バークレー人民共和国
アイビー・リーグのプロフェッサー

出版社・メーカーコメント

文化大革命下の中国で小学校卒業後、15歳でゴビ砂漠に送られ、農業労働に従事したのち、アメリカにわたり、カリフォルニア大学バークレー校でPhDを取得、ペンシルべニア大学ウォートン校での教職を経て金融界に転身、プライベートエクイティファンドで韓国第一銀行、深?発展銀行の買収を手掛け、現在、投資会社PAGの会長兼CEOを務める著者の金融界に転身するまでの回想録。ゴビ砂漠での過酷な日々、アメリカ文化との出会いが、ユーモアあふれる筆致で生き生きと描かれている。序文・ジャネット・イエレン米財務長官

著者紹介

シャン,ウェイジャン (シャン,ウェイジャン)  
単偉建。1953年、山東省生まれ。小学校卒業後、正式な中等教育を受けないまま、ゴビ砂漠での農業労働に従事した後、北京対外貿易学院(現在、対外経済貿易大学)で英語を学ぶ。同学院で教員を務め、サンフランシスコ大学で経営学修士(MBA)、カリフォルニア大学バークレー校で修士(MA)と博士(PhD)を取得。ペンシルベニア大学ウォートン校のプロフェッサー、JPモルガンのマネージング・ディレクターを歴任し、サンフランシスコを本拠とするプライベート・エクイティ会社TPGのパートナー、かつTPGアジア(旧名ニューブリッジ・キャピタル)の共同マネージング・パートナーを務め、韓国第一銀行と深〓発展銀行の買収などいくつもの記念碑的な案件を主導的に手掛けた。現在、プライベート・エクイティ会社PAGの会長兼最高経営責任者(CEO)
米山 徹幸 (ヨネヤマ テツユキ)  
1978年慶應義塾大学大学院文学研究科修了。大和証券(国際本部)に入社後、各国の政府機関や企業の資金調達、資産運用のビジネスに従事。大和インベスター・リレーションズ、大和総研・経営戦略研究所を経て、2010年より埼玉学園大学大学院教授。2017年から同客員教授(現任)。全米IR協会(NIRI)会員、政策科学学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)