• 本

7.24映画戦争2019−2021

出版社名 講談社
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-06-521999-7
4-06-521999-X
税込価格 3,850円
頁数・縦 127P 26cm

商品内容

要旨

仲間を見つけ、出資者を募り、場所探しに奔走し、『狼煙が呼ぶ』『破壊の日』『全員切腹』という3本の映画を撮り続けた豊田利晃。豊田組の現場に張り付き、さらに渋谷スクランブル交差点で「練り歩き」という名の祭りを切り取った名越啓介。二人の三年の共闘で、混迷と分断の時代を象徴するドキュメンタリーフォトブックが完成した。

目次

『狼煙が呼ぶ』
『破壊の日』
『全員切腹』
寄稿:奥田アキラ「破壊の日々」
『破壊の日』練り歩き
『狼煙が呼ぶ』『破壊の日』『全員切腹』クレジット

出版社・メーカーコメント

2019年4月、豊田利晃は拳銃不法所持で警察に逮捕された。祖父の形見であり、錆びて使い物にならないものだったにも関わらず……。警察に移送される豊田の姿はマスコミに大々的に報じられ、SNS上では誹謗中傷が相次いだ。釈放、不起訴になったものの、そのことはほとんど報じられない不条理。そこから「映画監督は映画で返答する」と、怒りを抱えながら『狼煙を呼ぶ』を製作した。続いて2020年、「強欲という物の怪に取り憑かれた社会をお祓いしてやろう」と準備していた『破壊の日』が、新型コロナウィルスという現実的な死の脅威が広がる中、社会の空気を吸い脚本が書き換えられていった。自粛期間の中、出演してくれる役者を探し、撮影場所を探す。撮影期間はロケハンも含めて2週間。クラウドファンディングで資金を募り、完成させた。そして、緊急事態宣言が再び発せられた2021年初頭、憎悪の連鎖を断つこと、憎悪にさらされた人たちに勇気を持たせることを願い『全員切腹』を完成させた。3年間の制作日記とともにカメラマン名越啓介が撮り続けた作品、オフショットを含めた3部作の記録がここに完成した。

著者紹介

豊田 利晃 (トヨダ トシアキ)  
1969年、大阪府生まれ。将棋奨励会に所属していた体験をもとに、阪本順治監督作『王手』(1991)に脚本家として参加。1998年、『ポルノスター』で監督デビュー。『破壊の日』はイタリアのオルトレ・ロスペッキオ国際映画祭2020で監督賞を受賞した
名越 啓介 (ナゴシ ケイスケ)  
1977年、奈良県生まれ。大阪芸術大学卒業。19歳で単身渡米し、スクワッター(不法占拠者)と共同生活をしながら撮影。2018年「Familia 保見団地」では写真の会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)