• 本

Fashion Climbing ビル・カニンガムのファッション哲学、そのすべて

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-02-251736-4
4-02-251736-0
税込価格 2,530円
頁数・縦 315P 20cm

商品内容

要旨

知られざる物語、ニューヨークの伝説的人物が学びとった創造性とスタイル。ビル・カニンガムにとって、ニューヨークとは自由、華美(グラマー)、そしてわけてもスタイルの地だった。ボストン郊外のアイルランド系住民が住む街の中流家庭で育ち、こっそり姉のドレスを着て、放課後は街のおしゃれなブティックで過ごし、ファッションに人生を捧げることを夢見た。ニューヨークに移り住んでからは、人々を観察することに夢中になった。夜はオペラの初日に出向き、豪勢なダンスパーティーに不正入場。そのような場で、女性たちの纏ったドレスがどのように動くか、ジュエリーをどのように身につけているか、髪はどのようにセットされているか観察した。これが彼の学びであり、ニューヨーク・タイムズ紙のフォトグラファーとして有名になった、あの幅広い被写体を対象とする熱意あふれる手法の誕生だった。二人のスタイル通(ノナとソフィー)のもとで活動したあと、彼の創造性は飛躍的に高まり、デザイナーとして名を成した。デザインの仕事で姓を名乗れば家名を汚すことになるからと、ブランド名をWilliam J.とし、当時の最も奇抜で有名な帽子デザイナーとなった。『ファッション・クライミング』は、一人の若者が、そうなるべく生まれついた自分、つまり真に独創的な人間になることを目指し奮闘するストーリーだ。本書には、スタイルについてビルが学びとったこと、かつての自由奔放な世界で繰り広げられていた生き生きとした話、そしてこのニューヨークの素晴らしき人物から読者へ手渡された最後の贈り物がある。

目次

楽園への扉 The Doors of Paradise
William J.となる Becoming William J.
初めての店 My First Shop
花に覆われたヘルメット A Helmet Covered in Flowers
自由という贅沢 The Luxury of Freedom
ノナとソフィー Nona and Sophie
サウサンプトンの店 The Southampton Shop
ファッション・パンチ Fashion Punch
ハシゴのてっぺん The Top of the Ladder
社交界 On Society
センス On Taste

出版社・メーカーコメント

彼にファッションを撮られ、NYタイムズに掲載されることはニューヨーカーにとっての最高のステイタスだった……。カニンガムが自らの人生を生い立ちから告白、純粋なファッション評価を貫いた武勇伝、その哲学を語る。【目次】1.ヒルトン・アルスによる序文2.ウィリアムJになる3.私の最初の店4.花で覆われたヘルメット5.自由の贅沢6.ノナとソフィー7.サウサンプトンショップ8.ファッションパンチ9.はしごの上部10.社会について11.味について12.ローラジョンソンの哲学

著者紹介

カニンガム,ビル (カニンガム,ビル)   Cunningham,Bill
William John Cunningham Jr.1929年生まれ、ボストン出身。ハーバード大学を中退してニューヨークに移り、百貨店勤務を経て帽子デザイナーとして独立した。途中2年間の兵役を終え帽子デザイナーとして復活するが、その後ブランドを閉じ、ファッションジャーナリストとして記事を書くようになる。ウィメンズ・ウェア・デイリー紙やシカゴ・トリビューン紙などの媒体でファッションを取材するかたわら写真を撮りはじめ、70年代後半にはニューヨーク・タイムズ紙のレギュラー寄稿者となった。2008年、フランス文化省から芸術文化勲章を受章。09年、ニューヨーク市への貢献が認められ、「生きるランドマーク」に選ばれた。16年6月に死去、享年87(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)