• 本

がん治療医ががんになって初めて知ったもう一つの医療

出版社名 海鳴社
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-87525-355-6
4-87525-355-9
税込価格 1,650円
頁数・縦 199P 19cm

商品内容

要旨

統合腫瘍医療の実践者と量子医学の提唱者が語りつくす。脳は騙されるがんが消えていく生き方と「場」の力。

目次

第1章 私が、がんから学んだこと
第2章 がんが消えていく生き方と「場」の力
第3章 人を神様だと思えば奇跡が起こる
第4章 あなたにも奇跡的治癒は起きる
第5章 がんのサバイバーに共通していることとは?
第6章 自分のがんを愛しきればがんは消える

著者紹介

小林 正学 (コバヤシ マサノリ)  
青森県に生まれる。富山医科薬科大学卒業。名古屋市立大学外科にて研修医としてがん医療を学ぶ。2010年からセレンクリニック名古屋で免疫療法に携わる。自身のがんをきっかけに人間のエネルギー、波動の重要性に目覚め、波動医学を活用した統合腫瘍治療を実践している
保江 邦夫 (ヤスエ クニオ)  
岡山県に生まれる。東北大学で天文学を京都大学と名古屋大学で数理物理学を学ぶ。スイスジュネーブ大学理論物理学科講師、ノートルダム清心女子大学教授を歴任。大東流合気武術佐川幸義宗範門人。キリストの活人術である冠光寺眞法を継承し、それに基づいた柔術護身技法を東京道場で指南している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)