• 本

向田邦子を読む

文春文庫 む1−28

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-16-791742-5
4-16-791742-4
税込価格 770円
頁数・縦 395P 16cm

商品内容

要旨

自分のベースにあるのは「向田邦子スタイル」(原田マハ)。『あ・うん』はもう何度読んだかわからない(小川糸)。いまの時代、貫太郎みたいにちゃぶ台ひっくり返したら投書が来る(小林亜星)…。向田さんの思い出や作品のことになると、みんな話が止まらない。色褪せないその魅力をとことん味わい尽くす、ファン必携の一冊。

目次

第1章 愛され続ける作家の軌跡(対談 向田和子×原田マハ―弱き者への優しい視線
対談 合津直枝×松永綾―向田さんのバトンを受け継いで ほか)
第2章 思い出交遊録(向田邦子は戦友だった
第83回直木三十五賞 ほか)
第3章 人々を惹きつける作品の魅力(私が愛する向田邦子 part1
作家の本棚「向田邦子さんの香りただよう十冊」 ほか)
第4章 家族が見た素顔の邦子(回想の向田邦子
姉・向田邦子の「遺書」 ほか)
文庫版特別付録 私が愛する向田邦子 part2