• 本

公爵家の娘 岩倉靖子とある時代

文春学藝ライブラリー 歴史 41

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-16-813093-9
4-16-813093-2
税込価格 1,320円
頁数・縦 235P 16cm

商品内容

要旨

昭和八年、共産主義者弾圧の嵐が吹き荒れ、多くの若い華族が逮捕された。その中に紅一点、維新の元勲・岩倉具視のひ孫がいた―。岩倉靖子、二十歳。転向を拒否し、八ヵ月半を獄中で過ごした靖子は、信仰に光を見出すが…。「おっとりしたおとなしい」少女に一体何が起きたのか。貴重な資料や手記を紐解きながら、出自と時代に翻弄された令嬢の悲劇に迫る。

目次

第1章 元勲の血筋と父の放蕩
第2章 目白の女子大のなか
第3章 華族の子弟たちと日本共産党
第4章 「五月会」と一斉検挙
第5章 転向拒否
第6章 市ヶ谷刑務所へ
第7章 獄中での姿
第8章 不良華族事件と靖子の死
第9章 天皇が詠んだ歌

著者紹介

浅見 雅男 (アサミ マサオ)  
1947年生まれ。70年、慶應義塾大学経済学部卒。出版社で雑誌、書籍の編集に携わりながら近現代史の研究、著述をおこなう。国際日本文化研究センター共同研究員、上智大学、学習院女子大学非常勤講師など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)