• 本

戦争と軍隊の政治社会史

出版社名 大月書店
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-272-52117-3
4-272-52117-9
税込価格 4,950円
頁数・縦 386P 22cm

商品内容

要旨

近代日本のみならず現代においても、人びとの「いのち」と暮らしに大きな影をおとす戦争と軍隊、そして天皇制。兵士や地域民衆、また君主制のあり方という視点から、共振する社会と政治の関係を問い直し、戦争と軍隊をめぐる東アジアの同時代史へと視界をひらく。

目次

現代歴史学と私たちの課題
第1部 身体と記憶の兵士論(国府台陸軍病院における「公病」患者たち―昭和一四年度・一八年度における「精神分裂病」患者の恩給策定状況
戦傷/戦病の差異に見る「傷痍軍人」
日本兵たちの「慰安所」―回想録に見る現場
新中国で戦犯となった日本人の加害認識―供述書と回想録との落差を通じて)
第2部 軍隊・戦争をめぐる政治文化の諸相(軍隊と紙芝居
南次郎総督と新体制
講和後の基地反対運動―長野県・有明における自衛隊演習地化問題
戦後地域社会の軍事化と自治体・基地労働者
メディア言説における韓国の対日認識と歴史教科書問題)
第3部 天皇制の政治社会史(東條英機内閣期における戦争指導と御前会議
昭和戦時期の皇室財政―制度と実態
国会開会式と天皇―帝国憲法と日本国憲法の連続と断絶)
戦後歴史学と軍事史研究

著者紹介

吉田 裕 (ヨシダ ユタカ)  
一橋大学名誉教授、東京大空襲・戦災資料センター館長。1954年生まれ、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)