• 本

バンティング インスリンの発見による栄光と苦悩の生涯

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-620-32681-8
4-620-32681-X
税込価格 2,420円
頁数・縦 543P 図版16P 20cm

商品内容

要旨

1921年、ある男による世紀の大発見で、当時の医学界は大きく進歩した。それから100年、波乱に満ちた男の生涯を振り返る。

目次

『寵児、申し分のない少年』
男らしい男に相応しい
町から出て行く
インスリンの発見
バンティングの勝利
インスリンのヒーロー
不老不死の霊薬
生粋のカナダ人である
バンティング対バンティング
バンティング対資本主義
円熟期
軍人科学者
希望のもてない職務
任務という責任ある立場で

出版社・メーカーコメント

1921年、ある男による世紀の大発見で、当時の医学界は大きく進歩した。それから100年、波乱に満ちた男の生涯を振り返る。

著者紹介

堀田 饒 (ホッタ ニギシ)  
名古屋大学大学院医学研究科修了後、名古屋大学医学部第三内科教授、名古屋大学大学院医学研究科代謝病態内科学教授、労働者健康福祉機構中部ろうさい病院院長などを経て、現在中部ろうさい病院名誉院長、名古屋大学名誉教授。内科学、糖尿病に関する著書、共著多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)