• 本

海外に学ぶポストコロナの銀行モデル ピンチはチャンス

出版社名 金融財政事情研究会
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-322-13957-0
4-322-13957-4
税込価格 2,860円
頁数・縦 275P 21cm

商品内容

目次

問題の本質―旧世代の価値観
DNB―究極のDX
DBS―世界のベストバンク
トゥルイスト―新しい地銀統合のかたち
U.S.バンコープ―従業員エンゲージメント
SHB―支店網拡大の意義
エドワード・ジョーンズ―高成長を支える地域密着型FA
チャレンジャーバンク(1)―レボリュート、N26
チャレンジャーバンク(2)―オークノース、クラーナ、ヌーバンク
チゃれンジャーバンク(3)―チャイム、ワイズ、総括
フォワードルッキング引当―合理的な貸出金利設定への一里塚
日本での応用―「三方よし」への道

出版社・メーカーコメント

著名な銀行アナリスト、コンサルタントとして銀行のビジネスモデルに精通した著者が、CX、DX、従業員エンゲージメントといった銀行経営に関する海外の豊富な事例を紹介し、邦銀への現実的な適用方法を探る。収益化に成功しているフィンテック系企業やDXにおいて共通するのは、「カスタマー・ジャーニー」や「従業員エンゲージメント」といった視点であることを論じ、邦銀が「顧客に寄り添うテクノロジーカンパニー」へ経営の舵を切るための道筋を探る。金融機関幹部をはじめ、関係者必読の書。