• 本

煉獄百物語

竹書房怪談文庫 HO−507 恐怖箱

出版社名 竹書房
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-8019-2750-6
4-8019-2750-5
税込価格 748円
頁数・縦 223P 15cm

商品内容

要旨

加藤一、神沼三平太、高田公太、ねこや堂の4人が独自の嗅覚で聞き集めた全て実話の百物語。何でもできる神童のような友人の秘密。彼女の周りで起きる不幸との因果は…「浩江ちゃん」、暴走族のバイクのリアシートに座る彼女が背負っていたものは…「だって俺、オヤジになるじゃんよ」、夫婦で入ったギャラリー。出てから感想を言い合うと奇妙なズレが…「絵画展」、最強の祓い師だった先々代住職の恐るべき手腕…「真似はできない」他、恐怖、奇怪、不思議、不気味…この世の異分子が密にひしめく地獄のごとき怪奇録!

目次

冷蔵庫
おばあちゃんの我が侭
ゆらゆら
片合掌
男女七人
渚にて
ポニーテール
黄昏
迎えの人
横須賀の民宿〔ほか〕

著者紹介

加藤 一 (カトウ ハジメ)  
1967年静岡県生まれ。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』四代目編著者として、冬版を担当。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超‐1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中
神沼 三平太 (カミヌマ サンペイタ)  
神奈川県出身。いくつかの大学の非常勤講師の傍ら怪談蒐集と執筆を行う
高田 公太 (タカダ コウタ)  
青森県弘前市出身。1978年生まれ。サラリーマン
ねこや堂 (ネコヤドウ)  
実話怪談著者発掘企画「超‐1」を経て恐怖箱シリーズ参戦(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)