• 本

全国「合戦印」徹底ガイド 見どころ・楽しみ方がわかる

出版社名 メイツユニバーサルコンテンツ
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-7804-2506-2
4-7804-2506-9
税込価格 1,980円
頁数・縦 144P 21cm

商品内容

要旨

天下分け目の決戦、因縁のライバル対決…。各地の戦を刻んだ印が集結!デザインの解説から発行情報、集印帳まで。この1冊で鑑賞&収集がさらに深く楽しめる!

目次

関ヶ原の戦い―天下分け目の合戦
桶狭間の戦い―信長の運命を変えた戦い
川中島の戦い―信濃の覇権を巡る五度の対決
長良川の戦い―道三と嫡男・義龍の争い
本能寺の変―明智光秀が起こした謀反
山崎の戦い―運命の分け目となった天王山
小牧・長久手の戦い―後の天下人二人が直接対決した
大坂の陣・道明寺合戦―夏の陣最大の激戦
長篠・設楽原の戦い―武田軍と織田・徳川連合軍が激突!
紀州攻め―信長と秀吉が行った紀州征伐〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

★ デザインの解説から発行情報、集印帳まで。★ この1冊で「鑑賞&収集」がさらに深く楽しめる!★ 天下分け目の決戦、因縁のライバル対決…。各地の戦を刻んだ印が集結!★ 砦や古戦場、活躍武将の名入りなどのバリエーションを豊富に紹介。◆◇◆ 本書について ◆◇◆お城めぐりや武将の史跡めぐりをするときに記念としていただく「御城印」や「武将印」は、今やお城めぐりをする楽しみの一つとして定着しています。そしてここ数年、「古戦場印」「合戦印」と呼ばれる印も全国のお城や観光案内所などで続々と発行されています。本書では「合戦」をテーマとして、古戦場印をはじめ、御城印や武将印、そして寺社仏閣でいただける御朱印を「合戦印」というくくりで紹介。各合戦の概要や、参戦した武将、またゆかりの観光スポットなどを徹底的に解説しています。一般に販売されている印に加え、イベント記念の限定版やバージョン違い、お城や観光協会が販売しているオリジナルの集印帳なども掲載。また、関ヶ原の戦いや桶狭間の戦いなどの戦国時代の合戦だけでなく、源平合戦や鳥羽・伏見の戦いなど、時代を超えてさまざまな合戦印を取り上げました。合戦印ガイドの決定版として、約190種の印を収録しているので、お城や観光スポットへ行くときにぜひ一冊持ち歩いて、古戦場めぐり、お城めぐりを楽しみましょう。◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆≪関ヶ原の戦い≫天下分け目の合戦≪桶狭間の戦い≫信長の運命を変えた戦い≪川中島の戦い≫信濃の覇権を巡る五度の対決≪長良川の戦い≫道三と嫡男・義龍の争い≪本能寺の変≫明智光秀が起こした謀反≪山崎の戦い≫運命の分け目となった天王山≪小牧・長久手の戦い≫後の天下人二人が直接対決した≪大坂の陣・道明寺合戦≫夏の陣最大の激戦≪長篠・設楽原の戦い≫武田軍と織田・徳川連合軍が激突!≪紀州攻め≫信長と秀吉が行った紀州征伐≪高松城の戦い≫秀吉による水攻めが行われた≪大津城の戦い≫関ヶ原の戦いの前哨戦≪国府台合戦≫天文と永禄の二度に渡り行われた≪山中城の戦い≫戦国時代最大の攻城戦≪坊主原の戦い≫後に共闘する二家の争い・・・など

著者紹介

小和田 哲男 (オワダ テツオ)  
1944年、静岡県生まれ。早稲田大学卒業。同大学院文学研究科博士課程修了。静岡大学名誉教授。文学博士。公益財団法人日本城郭協会理事長。研究分野は日本中世史、特に戦国時代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)