• 本

覇権帝国の世界史

PHP文庫 さ75−1

出版社名 PHP研究所
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-569-90134-3
4-569-90134-4
税込価格 1,100円
頁数・縦 401P 15cm

商品内容

要旨

世界支配を目指した大国はいかに興り、滅びていったのか?

目次

第1章 アレクサンドロス大王こそ世界史の出発点―大王が成し遂げた「本当の偉業」とは?
第2章 大王の意志を受け継いだローマ帝国―アレクサンドロス大王からローマ皇帝へ
第3章 キリスト教と西世界・東世界の誕生―なぜローマは多神教から一神教に変えたのか
第4章 巨大な衝撃!イスラム世界が突如出現する―「西・東・イスラム」という三世界の図式とは?
第5章 なぜ、十字軍戦争は「世界大戦」となったのか―皇帝と教皇の思惑が三世界を揺り動かす
第6章 モンゴル帝国がふたつのグローバル帝国を生んだ―ローカルからグローバルへ、その一
第7章 なぜ西世界は「世界」を支配できたのか―ローカルからグローバルへ、その二
第8章 三世界の地球規模的な戦い―なぜ世界大戦と冷戦は始まったのか

出版社・メーカーコメント

アレクサンドロス大王、ローマ皇帝、チンギス・ハンなど、世界征服に挑んだ帝国の歴史を西洋歴史小説の第一人者が、新視点で解説する。

著者紹介

佐藤 賢一 (サトウ ケンイチ)  
1968年山形県生まれ。山形大学教育学部卒業後、東北大学大学院文学研究科で西洋史学を専攻。93年『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞を受賞。99年『王妃の離婚』で第121回直木賞を受賞。2014年に『小説フランス革命』(全12巻)で第68回毎日出版文化賞特別賞、20年に『ナポレオン』(全3巻)で第24回司馬遼太郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)