• 本

大殿の顔

双葉文庫 ち−01−46 おれは一万石

出版社名 双葉社
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-575-67064-6
4-575-67064-2
税込価格 682円
頁数・縦 266P 15cm

商品内容

要旨

銚子の〆粕を巡る騒動の末、わずかばかりの利益を得た高岡藩。だが八月の参府の費用にはまだまだ足りず、正紀は再び金策に奔走することになる。一方、小浮森蔵こと高岡藩先代藩主井上正森と正紀たちによって企みを阻止された波崎屋の主五郎兵衛と銚子の郡奉行の納場帯刀は、復讐を果たすべく、小浮の正体を探り始める―。人気シリーズ第18弾!

出版社・メーカーコメント

銚子の〆粕を巡る騒動の末、わずかばかりの利益を得た高岡藩。だが八月の参勤交代の費用にはまだまだ足りず、正紀は再び金策に奔走することになる。一方、小浮森蔵こと高岡藩先代藩主井上正森と正紀たちによって企みを阻止された波崎屋の主五郎兵衛と銚子の郡奉行の納場帯刀は、正紀たちへ復讐すべく動き始める――。人気シリーズ第18弾!

著者紹介

千野 隆司 (チノ タカシ)  
1951年東京生まれ。國學院大學文学部卒。90年「夜の道行」で第12回小説推理新人賞を受賞。『おれは一万石』シリーズと「長谷川平蔵人足寄場」シリーズで第7回歴史時代作家クラブ賞「シリーズ賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)