• 本

限界風俗嬢

出版社名 集英社
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-08-788063-2
4-08-788063-X
税込価格 1,540円
頁数・縦 269P 19cm

商品内容

要旨

心と体、それぞれの「限界」を抱えて、体を売る女性たち。現代社会で女性たちが抱えている「生と性」の現実を浮き彫りにするノンフィクション。

目次

第1章 SMクラブで働く文学少女・アヤメ
第2章 歌舞伎町で働く理系女子大生・リカ
第3章 アヤメ その後
第4章 リカ その後
第5章 セックスレスの人妻・ハルカ
第6章 処女風俗嬢・カオルの冒険
第7章 育児と介護と風俗と―妊婦風俗嬢・アヤカ
第8章 90年代の女子大生風俗嬢・ミホの現在
第9章 生きるための居場所―SM嬢・アザミ

出版社・メーカーコメント

性暴力の記憶、毒親、貧困、セックスレス――それぞれの「限界」を抱えて、身体を売る女性たち過去の傷を薄めるため……。「してくれる」相手が欲しい……。そこには、お金だけではない何かを求める思いがある。ノンフィクションライター・小野一光が聞いた、彼女たちの事情とは。著者が20年以上にわたる風俗取材で出会った風俗嬢たちのライフヒストリーを通して、現代社会で女性たちが抱えている「生と性」の現実を浮き彫りにするノンフィクション。【目次】第一章 SMクラブで働く文学少女・アヤメ第二章 歌舞伎町で働く理系女子大生・リカ第三章 アヤメ その後第四章 リカ その後第五章 セックスレスの人妻・ハルカ第六章 処女風俗嬢・カオルの冒険第七章 育児と介護と風俗と――妊婦風俗嬢・アヤカ第八章 ミレニアム世代の風俗嬢・ミホの現在第九章 生きるための居場所――SM嬢・アザミあとがき【著者プロフィール】おの・いっこう 1966年、福岡県北九州市生まれ。雑誌編集者、雑誌記者を経てフリーに。「戦場から風俗まで」をテーマに、国際紛争、殺人事件、風俗嬢インタビューなどを中心とした取材を行う。著書に『灼熱のイラク戦場日記』『風俗ライター、戦場へ行く』『新版 家族喰い――尼崎連続変死事件の真相』『震災風俗嬢』『全告白 後妻業の女』『人殺しの論理』『連続殺人犯』『冷酷 座間9人殺害事件』などがある。

著者紹介

小野 一光 (オノ イッコウ)  
1966年、福岡県北九州市生まれ。雑誌編集者、雑誌記者を経てフリーに。「戦場から風俗まで」をテーマに、国際紛争、殺人事件、風俗嬢インタビューなどを中心とした取材を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)