• 本

鞠子はすてきな役立たず

河出文庫 や17−8

出版社名 河出書房新社
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-309-41835-3
4-309-41835-X
税込価格 924円
頁数・縦 237P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 仕事をして金を稼ぐことが正しい生き方だと信じてきた小太郎。彼が愛する鞠子という人は、働いていない上、非生産的な趣味に興じることに生きる喜びを感じている。自分とは真逆の価値観の持つ鞠子を見つめることで、小太郎は幼い頃から父親に教えられていた「働かざる者食うべからず」という言葉がはらむ傲慢さに気づく。
    自分は社会にとって意味のある人間である、という自負、そして「意味のある人間でなければならない」という自縛は「働かない/働けない人間には生きる価値が無い」という思想に繋がりかねない。
    そんな思想を表層化させた他者を責めるだけでいいのか?私の中にも無自覚な差別意識が潜んではいまいか?と、自分自身へ問いかけるきっかけをくれる物語です。

    (2021年8月15日)

商品内容

要旨

「働かざるもの、食うべからず」と幼い頃から父親に言われてきた小太郎。経済的自立を目指し高卒で銀行員になった小太郎だが、院卒で書店アルバイトの鞠子は、結婚後は主婦を希望。絵手紙や家庭菜園など次々に趣味を楽しみ始める。人と比べず、自分の満足を大事にする鞠子。価値観の違う二人の生活の行方は!?『趣味で腹いっぱい』を改題。

出版社・メーカーコメント

働かないものも、どんどん食べろーー「金を稼いでこそ、一人前」に縛られない自由な主婦・鞠子と銀行員・小太郎の生活の行方 は!? 金の時代の終わりを告げる傑作小説。『趣味で腹いっぱい』改題。

著者紹介

山崎 ナオコーラ (ヤマザキ ナオコーラ)  
作家。性別非公表。多様性と経済活動について考えている。2004年、会社員をしながら書いた『人のセックスを笑うな』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)