• 本

時を漂う感染症 国際法とグローバル・イシューの系譜

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-7664-2762-2
4-7664-2762-9
税込価格 2,970円
頁数・縦 353P 20cm

商品内容

要旨

ペスト、コレラ、天然痘、エイズ、SARS、新型コロナウイルス感染症…。国際社会において感染症と国際法がどのように交わり、変化し、次の世代にどう継承されていったのか?どのアクターが、いつ、どのように、なぜ、感染症をめぐる国際法に変化をもたらしたのか?感染症と国際法の関係の系譜を辿ることにより、その変化の様相を可視化する。国際体制の変容や、国益・脅威に関する認識の(再)構成、科学・医学の発展といった、変化の背景にあった諸要因にも意識を向ける。

目次

第1編 1851年‐1940年代中頃(1851年‐1890年代―国際衛生会議と国際衛生条約
1900年代‐1910年代―東方の脅威からの防衛
1920年代―欧州から世界へ
1930年代―海陸から空へ)
第2編 1940年代後半‐1970年代(1940年代後半―WHOの誕生
1950年代―国際衛生規則
1960年代―1970年代―国際保健規則)
第3編 1980年代‐2020年(1980年代‐1990年代―国際人権法との連動
2000年代―国際保健規則の再生を目指して
2010年代―安全保障との連動
2020年代―COVID−19(新型コロナウイルス感染症)と新たな課題)
第4編 グローバル・イシュー(感染症医薬品と特許権
ワクチン
生物兵器とバイオテロ
時を漂う感染症―レジーム論から見る国際法の軌跡)

出版社・メーカーコメント

国際法は、感染症に対応するための国際的な仕組みを作り、各国の守るべき基準を明示するツールとして国際社会に貢献してきた。誰が、何を問題視し、どのように仕組みが作られてきたのか? その歴史を紐解き、現在の対応の起源やその内容の変遷を明らかにする。

著者紹介

新垣 修 (アラカキ オサム)  
沖縄出身。国際基督教大学(ICU)教養学部教授。PhD in Law(Victoria University of Wellington)。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)法務官補、国際協力機構(JICA)ジュニア専門員、ハーバード大学ロースクール客員フェロー、東京大学大学院総合文化研究科客員准教授、関西外国語大学外国語学部教授、広島市立大学国際学部教授などを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)