• 本

ぼくらはひとつ空の下 シリア内戦最激戦地アレッポの日本語学生たちの1800日

出版社名 三元社
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-88303-533-5
4-88303-533-6
税込価格 1,430円
頁数・縦 168P 19cm

商品内容

要旨

シリア内戦10年「今世紀最悪の人道危機」、自分の命もいつ絶たれるか分からない日々のなか、かれらは“日本語”を学びつづけた!過酷な戦火のもと、なぜ学生たちは彼方の地のことばを学びつづけたのか?シリアと日本を結ぶ人々が届ける友情の物語/メッセージ。

目次

第1章 アレッポ生まれのわたしと日本語との出会い
第2章 アレッポ大学学術交流日本センター
第3章 内戦のはじまり
第4章 戦場となったアレッポ
第5章 日本センターの奮闘
第6章 戦火のなかのジャパンフェア

著者紹介

優人 (ユウト)  
アフマド・アスレ。1991年、シリア・アラブ共和国アレッポ生まれ。アレッポ大学経済学部卒。同大学術交流日本センターにてボランティアスタッフを務め、学生への日本語教育や部活動の指導、ジャパンフェアの企画運営をはじめ中心的役割を担う。学業、家業、赤新月社、UNICEF、UNHCRでのボランティア活動など多彩な場で活躍するとともに、戦争で深い傷を負った祖国の復興のため、日本に留学し、日本の戦後復興や中小企業経営について学ぶことを志している
小澤 祥子 (オザワ サチコ)  
1980年生まれ。東京外国語大学アラビア語専攻卒。2005〜06年シリア留学。編集者として活動するかたわら、留学中に知りあった中東・コーカサスの人びととの交流をつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)