• 本

財政学

第3版

出版社名 有斐閣
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-641-16581-6
4-641-16581-5
税込価格 3,630円
頁数・縦 392P 22cm
シリーズ名 財政学

商品内容

要旨

初版から20年、社会は混迷の度を強め、さらにパンデミックが襲っている。財政学を総合社会科学として鋳直し、「危機の時代」の指針となるべく世に出された本書の役割はますます増している。この間の制度的変遷をふまえ、データを刷新して改訂。

目次

第1編 財政学のパースペクティブ
第2編 財政学のあゆみ
第3編 予算
第4編 租税
第5編 財政のアウトプットとサブシステム
第6編 政府間財政関係

出版社・メーカーコメント

初版から20年,社会は混迷の度を強め,さらにパンデミックが襲っている。財政学を総合社会科学として鋳直し,「危機の時代」の指針となるべく世に出された本書の役割はますます増している。財政社会学の第一人者の体系書をこの間の制度的変遷をふまえて改訂。

著者紹介

神野 直彦 (ジンノ ナオヒコ)  
1946年埼玉県に生まれる。1969年東京大学経済学部卒業。1981年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。大阪市立大学助教授、東京大学大学院経済学研究科教授、地方財政審議会会長などを経て、東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)