• 本

シルクロードとローマ帝国の興亡

文春新書 1326

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-16-661326-7
4-16-661326-X
税込価格 935円
頁数・縦 227P 18cm

商品内容

要旨

「ローマ帝国はなぜ滅びたのか?」この問いをめぐって古来、様々な議論がなされてきた。本書は、「中央部」西アジア・インドと、「辺境」ローマ・漢をつないだシルクロード交易に着目。その実態をたどりつつ、帝国の繁栄と衰亡を論じる。壮大な古代史の幕開き!

目次

序章 ローマと漢はなぜ滅んだのか?―宮崎市定とアルバート・ヘルマン
第1章 シルクロードが運んだもの
第2章 シルクロードがもたらしたローマ帝国の繁栄
第3章 ローマが重視した砂漠と海のルート
第4章 ユーラシアを襲った変動
第5章 東西分裂へ―軍事政権・増税・異民族の侵入
終章 世界史の中のローマ帝国

著者紹介

井上 文則 (イノウエ フミノリ)  
1973年京都府生まれ。早稲田大学文学学術院教授。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。京都大学博士(文学)。専攻は古代ローマ史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)