• 本

新編黒部の山人 山賊鬼サとケモノたち

ヤマケイ文庫

出版社名 山と溪谷社
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-635-04926-9
4-635-04926-4
税込価格 880円
頁数・縦 292P 15cm

商品内容

要旨

戦後、大衆登山黎明期に、北アルプス最奥部で暮らした人々のさまを活写した『黒部の山賊』(伊藤正一)。このベストセラー山岳名著に登場する愛すべき山人(やまど)、「山賊鬼サ」その人が語る山の民の生活譜。大自然に生きた生活者が披露する、いまや失われた山語り・猟語り、そして自分語り。巻末に解説「山の賢者」(池内紀)を収録。

目次

ボッカ・ガイド・遭難救助(ボッカ
ガイド
遭難救助)
イワナ釣り(職漁
イワナ釣り談義)
猟師(小物猟
クマ
カモシカ
根拠地と荷揚げ
カモシカ狩り・そもそもの初めから ほか)

著者紹介

鬼窪 善一郎 (オニクボ ゼンイチロウ)  
通称・鬼サ。1914年7月、長野県北安曇郡広津村(現・池田町)に生まれる。青年期より狩猟を始め、自他ともに認める健脚を生かして、ボッカ、ガイド、イワナ釣りなど、山での仕事に携わり続けた。北アルプス遭難救助隊員を務め、大町案内人組合の有力メンバーでもあった。後年は黒部五郎小屋を経て三俣山荘の管理人となり、多くの登山者に親しまれた。1996年10月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)