• 本

日本大空襲「実行犯」の告白 なぜ46万人は殺されたのか

新潮新書 917

出版社名 新潮社
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-10-610917-1
4-10-610917-4
税込価格 836円
頁数・縦 216P 18cm

商品内容

要旨

第二次大戦末期、わずか一年足らずの空爆で約46万人もの命が奪われた。すでに敗色濃厚の日本に対して、なぜそれほど徹底的な爆撃がなされたのか。最大の理由は、空爆を実行したアメリカ航空軍の成り立ちにあった。当時、陸軍の下部組織という立場にあり、時に蔑まれてきた彼らが切望するものは何だったのか。半世紀ぶりに発掘された将校ら246人の肉声テープが浮き彫りにする「日本大空襲」の驚くべき真相とは。

目次

序章 死蔵されていた空軍幹部246人の告白
第1章 “空軍の父”アーノルドの野望
第2章 航空軍“独立”への切り札=B‐29
第3章 アメリカ航空戦略の原点・ミッチェル
第4章 航空軍の真価が問われた日本空爆
第5章 机上の空論だった精密爆撃
第6章 焼夷弾爆撃へ追い込まれるルメイ
第7章 こうして無差別爆撃は決行された
第8章 空爆はなぜ2000回にも及んだのか
第9章 受け継がれる勝者の思想と戦略

著者紹介

鈴木 冬悠人 (スズキ フユト)  
1982年、富山県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。NHKグローバルメディアサービス報道番組部ディレクター。主な制作番組はBS1スペシャル「なぜ日本は焼き尽くされたのか」(衛星放送協会オリジナル番組アワード最優秀賞受賞)、など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)