• 本

学校ってなんだ! 日本の教育はなぜ息苦しいのか

講談社現代新書 2628

出版社名 講談社
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-06-523475-4
4-06-523475-1
税込価格 990円
頁数・縦 270P 18cm

商品内容

要旨

「従順な子」をつくる教育は終わりにしよう。『学校の「当たり前」をやめた。』著者と、日本の同調圧力を追及してきた演出家による驚きの学校論!自分で考えて行動できる子を育てる―すべての教育はそこから始まるべきだ!ブラック校則に直面する生徒、子の不登校に悩む親、長時間労働に疲れる教員…あなたに贈る、常識を疑うヒント。

目次

はじめに(鴻上尚史)
第1章 学校が抱える問題(校則に悩む女性教師からの相談
ブラック校則問題は、一部にすぎない ほか)
第2章 自律をさせない日本の学校(「国や社会を変えられると思う」は一八・三%
「私なんて」―自己肯定感の低さ ほか)
第3章 同質性への違和感(日本独特の「みんな同じ」
山形での教員時代 ほか)
第4章 対話する技術(「絆」と「団結」が目標になってしまう
対話が苦手な日本人 ほか)
おわりに(工藤勇一)

著者紹介

工藤 勇一 (クドウ ユウイチ)  
横浜創英中学・高等学校長。1960年、山形県鶴岡市生まれ。東京理科大学理学部応用数学科卒業。山形県公立中学校教員、東京都公立中学校教員、東京都教育委員会、目黒区教育委員会、新宿区教育委員会教育指導課長などを経て、2014年から2020年まで千代田区立麹町中学校長。教育再生実行会議委員、経済産業省「未来の教室」とEdTech研究会委員など、公職を歴任
鴻上 尚史 (コウカミ ショウジ)  
作家・演出家。1981年に劇団「第三舞台」を結成し、以降、作・演出を多数手がける。これまで紀伊國屋演劇賞、岸田國士戯曲賞、読売文学賞など受賞。舞台公演の他には、エッセイスト、小説家、テレビ番組司会、ラジオ・パーソナリティ、映画監督など幅広く活動。また、俳優育成のためのワークショップや講義も精力的に行うほか、表現、演技、演出などに関する書籍を多数発表している。桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授。昭和音楽大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)