• 本

刀伊の入寇 平安時代、最大の対外危機

中公新書 2655

出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-12-102655-2
4-12-102655-1
税込価格 880円
頁数・縦 189P 18cm

商品内容

要旨

藤原道長が栄華の絶頂にあった一〇一九年、対馬・壱岐と北九州沿岸が突如、外敵に襲われた。東アジアの秩序が揺らぐ状況下、中国東北部の女真族(刀伊)が海賊化し、朝鮮半島を経て日本に侵攻したのだ。道長の甥で大宰府在任の藤原隆家は、有力武者を統率して奮闘。刀伊を撃退するも死傷者・拉致被害者は多数に上った。当時の軍制をふまえて、平安時代最大の対外危機を検証し、武士台頭以前の戦闘の実態を明らかにする。

目次

序章 海の日本史(異国文字の謎
女真文字の解明に向けて ほか)
第1章 女真・高麗、そして日本(東アジア地域の諸相
日本国の内と外 ほか)
第2章 刀伊来襲の衝撃(王朝の栄華と不安
刀伊来襲の予兆 ほか)
第3章 外交の危機と王朝武者(武力動員の特質
「ヤムゴトナキ武者」たちの来歴 ほか)
第4章 異賊侵攻の諸相(囚われ人の声を聞く
海禁と異域観 ほか)

出版社・メーカーコメント

藤原道長が栄華を極めていた時代、対馬・壱岐と北九州沿岸が突如、外敵に襲われた。千年前の日本が直面した危機を検証する。