• 本

熱帯

文春文庫 も33−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-16-791746-3
4-16-791746-7
税込価格 1,034円
頁数・縦 554P 16cm

商品内容

要旨

ある日、忽然と消えた一冊の本。佐山尚一なる男が記したその本『熱帯』を求め、森見登美彦は東京へ。そこには既に手掛かりを得て探索に乗り出さんとする一団がおり、彼らもまた「不可視の群島」「海上を走る列車」―そんな摩訶不思議な光景に心を囚われていた。全国の10代が熱狂、第6回高校生直木賞を射止めた冠絶孤高の傑作。

出版社・メーカーコメント

謎を追い、謎に追われて、大航海!沈黙の読書会で見かけた『熱帯』はなんとも奇妙な本だった。謎の解明に勤しむ「学団」に、神出鬼没の「暴夜(アラビヤ)書房」、鍵を握るカードボックスと「部屋の中の部屋」――。 幻の本を追う旅は、いつしか魂の冒険へ!

著者紹介

森見 登美彦 (モリミ トミヒコ)  
1979年、奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年、『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞してデビュー。07年『夜は短し歩けよ乙女』で第20回山本周五郎賞受賞。10年『ペンギン・ハイウェイ』で第31回日本SF大賞受賞。16年『夜行』で第156回直木賞候補。18年『熱帯』で第160回直木賞候補、翌年第6回高校生直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)