• 本

イスパニア国王フェリーペ二世に裏切られた男 アントニオ・ペレスの帰郷

出版社名 彩流社
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-7791-2766-3
4-7791-2766-1
税込価格 3,850円
頁数・縦 539P 19cm

商品内容

要旨

マドリード村歴史博物館にあった一枚の絵。「広場の日常風景です」とガイドは言った。しかし「あんなことも日常か…」そう思える場面があった。「忘れていたはずなのに…」絵との再会は二十五年ぶりであった。秘書官ペレスはフェリーペ二世との確執から逮捕。1585年「役職剥奪」「宮廷追放(10年間)」「懲役2年」「罰金」の判決が下る。拷問に負けずペレスは脱獄しアラゴンへ。フェリーペ二世は「アラゴン王」の名において裁判所にペレスを起訴。そして異端審問に。1591年「王が司法を侮辱」とアラゴンで暴動発生。フェリーペ二世は鎮圧のため軍を送った。羊飼いに化けたペレスはピレネーを越えフランスへ、さらにイングランドへ。イングランドでは何度も暗殺者の標的となった。そして1595年アンリ四世の招きでフランスへ。ようやく1598年フェリーペ二世の死によって解放。ペレスは1611年パリにて波瀾の生涯を閉じた。

目次

あんなことも、日常か
聖母発見
『待ち伏せにあって殺された騎士を聖母が憐れんで天国の栄光を授けた』
お尋ね者セルバンテスを追ってアラゴンへ
大発見。ビジャエルモサ公爵と国王の寵臣ペレス
アトーチャの聖母像
アルムデーナ教会
フランドル「オランダ、ベルギー、ルクセンブルク」
レパントの海戦。総司令官ドン・フアン・デ・アウストゥリア
「フランドルへ行け」。宝の山に叛旗が立った〔ほか〕

著者紹介

荻内 勝之 (オギウチ カツユキ)  
1943年ハルピン生まれ。神戸市外国語大学卒業。バルセロナ大学文学部イスパニア研究科卒業、神戸市外国語大学大学院修士課程修了、1970年東京経済大学専任講師、助教授を経て教授。神戸市外国語大学で『ドン・キホーテ』の訳者・高橋正武の教えを受け、四番目の『ドン・キホーテ』完訳。児童文学の創作も行うユニークな文学研究者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)