• 本

稼げる農業経営のススメ 地方創生としての農政のしくみと未来

出版社名 築地書館
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-8067-1623-5
4-8067-1623-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 198P 19cm

商品内容

要旨

“そこそこ以上の収入”“適正な労働・生活環境”“食べる人に喜んでもらう仕事のやりがい”長年にわたり農政当局の立場から農業経営者と関わってきた著者が、持続可能な農業のあり方を、データと実例を用いて冷静に前向きに描く。

目次

第1章 地方創生としての農政改革(国の政策全体における農政の位置
地方創生の考え方 ほか)
第2章 ホワイト化視点からみた現在の農業の実態(農業を担っている経営体の実態
若者の農業への就業の実態 ほか)
第3章 ホワイト化のための農業現場の具体の取組み(付加価値の向上のための取組み
コスト削減のための取組み ほか)
第4章 農業のホワイト化のための日本政策金融公庫の取組み(日本政策金融公庫農林水産事業について
農業のホワイト化のための公庫の取組み ほか)
第5章 持続的に発展する農業の未来―ホワイト化から「風の谷」へ(農業の持続的発展のために
持続的に発展する農業の未来)

著者紹介

新井 毅 (アライ ツヨシ)  
1963年埼玉県所沢市生まれ。東京大学法学部卒業後、1985年農林水産省入省。群馬県農業経済課長、林野庁管理課長、農林水産省大臣官房広報室長・大臣補佐官・バイオマス室長・文書課長・総務課長、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局次長兼内閣府地方創生推進事務局次長、農林水産省農村政策部長、近畿農政局長等を経て、2018年から株式会社日本政策金融公庫代表取締役専務農林水産事業本部長。地方創生に、まち・ひと・しごと創生本部設置準備室の段階から参画し、創生法の制定、第一期まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定、地方創生交付金の創設などに携わり、その後も、農業の持続的な発展に向けて、「地方創生としての農政」の企画、現場の取組みの支援を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)