• 本

ケアの倫理とエンパワメント

出版社名 講談社
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-06-524539-2
4-06-524539-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

要旨

強さと弱さ、理性と共感、自立する自己と依存する自己…、二項対立ではなく、そのあいだに見出しうるもの。自己と他者の関係性としての“ケア”とは何か。ヴァージニア・ウルフ、ジョン・キーツ、トーマス・マン、オスカー・ワイルド、三島由紀夫、多和田葉子、温又柔、平野啓一郎などの作品をふまえ、“ケアすること”の意味を新たな文脈で探る画期的な論考。

目次

序章 文学における“ケア”(“ケア”の価値が看過されるわけ
ネガティヴ・ケイパビリティと共感力 ほか)
1章 ヴァージニア・ウルフと“男らしさ”(病気になるということ
負の「男らしさ」を手放す ほか)
2章 越境するケアと“クィア”な愛(ケアの倫理と民主主義
同性婚が認められない社会とオスカー・ワイルド ほか)
3章 弱さの倫理と“他者性”(ケアの倫理が問い直す正義論
ロマン主義時代におけるケアの倫理 ほか)

出版社・メーカーコメント

自己と他者の関係性としての〈ケア〉とは何か。強さと弱さ、理性と共感、自立する自己と依存する自己……、二項対立ではなく、そのあいだに見出しうるもの。ヴァージニア・ウルフ、ジョン・キーツ、トーマス・マン、オスカー・ワイルド、三島由紀夫、多和田葉子、温又柔、平野啓一郎などの作品をふまえ、〈ケアすること〉の意味を新たな文脈で探る画期的な論考。本書は、キャロル・ギリガンが初めて提唱し、それを受け継いで、政治学、社会学、倫理学の研究者たちが数十年にわたって擁護してきた「ケアの倫理」について、文学研究者の立場から考察するという試みである。(中略)この倫理は、これまでも人文学、とりわけ文学の領域で論じられてきた自己や主体のイメージ、あるいは自己と他者の関係性をどう捉えるかという問題に結びついている。より具体的には、「ネガティブ・ケイパビリティ」「カイロス的時間」「多孔的自己」といった潜在的にケアを孕む諸概念と深いところで通じている。本書は、これらの概念を結束点としながら、海外文学、日本文学の分析を通して「ケアの倫理」をより多元的なものとして捉え返そうという試みである。(本書「あとがき」より)

著者紹介

小川 公代 (オガワ キミヨ)  
1972年和歌山県生まれ。上智大学外国語学部教授。ケンブリッジ大学政治社会学部卒業。グラスゴー大学博士課程修了(Ph.D.)。専門は、ロマン主義文学、および医学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)