• 本

ロマノフ朝史1613−1918 下

出版社名 白水社
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-560-09857-8
4-560-09857-3
税込価格 7,920円
頁数・縦 611,131P 図版16P 20cm
シリーズ名 ロマノフ朝史1613−1918

商品内容

要旨

「戦争と革命」の嵐に翻弄される人々の鮮烈な群像劇。愛憎相半ばする一族、戦争と革命、陰謀と謀反、弾圧と殺害、性愛と嗜虐…王朝の絢爛たる歴史絵巻と血にまみれた「秘史」を、英国の歴史家が精彩に物語る。カラー口絵16頁・地図・家系図・人物紹介・人名索引を収録。

目次

第3幕 王朝の衰退(全能の皇帝
解放の皇帝
巨漢皇帝
全国土の地主たる皇帝
破局
皇帝ミハイル二世
終末
白い皇帝、赤い皇帝)

出版社・メーカーコメント

愛憎相半ばする一族、戦争と革命、陰謀と謀反、弾圧と殺害、性愛と嗜虐……王朝の絢爛たる歴史絵巻と血にまみれた秘史を語りつくす。

著者紹介

モンテフィオーリ,サイモン・セバーグ (モンテフィオーリ,サイモンセバーグ)   Montefiore,Simon Sebag
国際的なベストセラー作家であり、各種の出版賞を受賞したその作品は48ヵ国語に翻訳されて刊行されている。『エカチェリーナ大帝とポチョムキン』はサミュエル・ジョンソン賞の最終選考に残り、『スターリン:赤い皇帝と廷臣たち 上・下』(白水社)は英国文学賞の年間大賞を受賞した。また、『スターリン:青春と革命の時代』(白水社)はコスタ伝記文学賞、ロサンジェルス・タイムズ伝記文学賞、エルサレムのブルーノ・クライスキー政治文学大賞、米国のJBC年間出版大賞、中国の文津図書賞などを受賞している。そして『ロマノフ朝史1613‐1918 上・下』はイタリアのルピカイア・デル・テリッチョ文学賞を受賞。また、『モスクワ三部作』とされる小説『サーシェンカ』、『赤い空』、『冬の夜』を著して年間政治フィクション賞を受賞した
染谷 徹 (ソメヤ トオル)  
1940年生。東京外国語大学ロシア語科卒。ロシア政治史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)