• 本

話し方に自信がもてる声の磨き方

出版社名 かんき出版
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-7612-7565-5
4-7612-7565-0
税込価格 1,540円
頁数・縦 206P 19cm

商品内容

要旨

声が小さい、こもる、低い、早口、滑舌が悪い…「声」を変えるだけで印象も説得力も180度変わる。講師業、司会者、アナウンサー、ナレーター、役者、歌手、ヴォイストレーナーも習っている、今日から変われる「とっておきのコツ」。

目次

第1章 話し方は「声」が9割(声で得する人、損する人
話の内容がいいだけでは伝わらない ほか)
第2章 声を変えるだけで、心も体も変わる!(「感動ヴォイス」で心も体も心地よくリセットできる
心も体もがんばらなくていい ほか)
第3章 「感動ヴォイス」を手に入れる―基本の発声(「感動ヴォイス」の基本はバイブレーション
全身に響かせるからバイブレーションが起こる ほか)
第4章 「感動ヴォイス」を使いこなす―応用の発声(朝から爽やかな声が出る「ハミング・エクササイズ」
ハミング・エクササイズ ほか)
第5章 相手の心をつかむ伝え方(あの人の話は、なぜこんなに伝わらないのか?
意識のベクトルは聞き手に向ける ほか)

著者紹介

村松 由美子 (ムラマツ ユミコ)  
一般社団法人感動ヴォイス協会代表理事。感動ヴォイスクリエイター。伝え方コンサルタント。専門健康心理士。京都生まれ。大学在学中にテレビのレポーターとしてはじめて「伝える」仕事を経験。就職した企業では広報・IRとしてプレゼンテーションを実施。その後、フリーアナウンサーに転身。テレビ・ラジオのニュースキャスターをベースに、パーソナリティ、レポーターなどを務める。ナレーション・CMソングを担当したラジオCMが2年連続ACC広告賞受賞。2009年、桜美林大学大学院に入学し、身体心理学における声とメンタルの関係を研究。ヴォイササイズ(声のエクササイズ)で声が変化すると同時に、メンタルアップと印象アップの両方の効果が出ることを、世界ではじめて実証する。2011年、その研究結果を論文にまとめ、ヨーロッパと日本の健康心理学会で発表。2014年、一般社団法人感動ヴォイス協会を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)