• 本

京都伏見のあやかし甘味帖 〔7〕

日吉の神、賀茂の陰陽師

宝島社文庫 Cか−13−7

出版社名 宝島社
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-299-02068-0
4-299-02068-5
税込価格 750円
頁数・縦 203P 16cm
シリーズ名 京都伏見のあやかし甘味帖

商品内容

要旨

不動産屋に就職したれんげは、古い京町家に取り憑く化け物の調査を依頼される。そこには強い怨念を持つ神がいて、れんげは首に呪いをかけられてしまう。またしても厄介事に巻き込まれたれんげは、関係のありそうな日吉神社へ向かうのだが、謎は深まるばかり。その後、稀代の陰陽師・安倍晴明の助力を得て、上賀茂神社との繋がりがわかるのだが…。京都の悲しい歴史をひもとく、恋とあやかしと甘味の不思議物語、第7弾!

出版社・メーカーコメント

累計23万部突破! 京都×和菓子×あやかしの大人気シリーズ、最新刊! 不動産屋に就職した小薄(おすすき)は、古い京町家に取り憑いている化け物の正体を解き明かしてほしい、と依頼を受ける。しぶしぶ現場へ向かうと、庭には朽ち果てた祠があった。そこから姿を見せたのは、強い怨念を持つ、女の姿をした神だった。れんげは蛇に締め上げられたような痕を首につけられ、またしても厄介事に巻き込まれてしまう。関係のありそうな日吉神社へ向かうれんげであったが、大した収穫はなし。困り果てて晴明神社を訪ねると、稀代の陰陽師・安倍晴明が、いつになく歯切れの悪い調子で、「賀茂の神社を訪ねよ」と言ってきて……。京都に遺された悲しい歴史をひもとく、恋とあやかしと甘味の不思議物語、第7弾!

著者紹介

柏 てん (カシワ テン)  
茨城県出身。2014年、アルファポリスよりデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)