• 本

お湯を代えれば命が変わる! 健康SDGs ぬるめ30分お風呂に寝たまま有酸素運動

出版社名 笠倉出版社
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-7730-6127-7
4-7730-6127-8
税込価格 1,430円
頁数・縦 223P 19cm

商品内容

要旨

不調・病気を跳ね返す「重炭酸温浴」生活習慣病や不調もみるみる改善!!

目次

はじめに―あらゆる不調と病気を跳ね返す「重炭酸温浴」
第1章 健康生活を“持続可能”にする(地球も人の体も無理は続かない
生涯現役時代を若々しく生きる)
第2章 血流を改善し体温を上げれば健康になる(安保徹先生から学んだ血流・体温と自律神経の大切さ
知らないうちに体は冷えている
血流が改善すれば不調もサヨナラ)
第3章 化学ストレスが体を蝕む(人は自然から遠ざかるほど病気に近づく
皮膚は無敵のバリアではない
薬漬けの国)
第4章 毎日行う入浴だから持続可能「重炭酸温浴」(入浴習慣を見直そう
血流促進物質NOを増やす重炭酸温浴
重炭酸温浴の健康効果を高めるために)
コラム 日本一の重炭酸泉「長湯温泉」

著者紹介

小星 重治 (コボシ シゲハル)  
株式会社ホットアルバム炭酸泉タブレット代表取締役。1944年生まれ。神奈川県立相原高校工業化学科卒業後、小西六写真工業株式会社(現:コニカミノルタ株式会社)に入社。1984年、写真の常識であった水洗処理をなくし、店頭で1時間で処理できるミニラボ技術を世界で初めて開発。膨大な資源保護と公害防止への貢献から、全国発明賞、科学技術庁長官賞、紫綬褒章を受賞する。2006年、同社の顧問を退任し、ホットアルバムコムを設立。その後も2011年にホットアルバム炭酸泉タブレット、2015年に長湯ホットタブを設立し、クアパーク長湯を経営。さらに2020年3月に4社目となる小星重治体温免疫力研究所を設立。ドイツの自然炭酸泉の研究をベースに、入浴によって免疫力を高める健康法としてKOBOSHI METHOD「重炭酸温浴法」を確立した
奴久妻 智代子 (ヌクズマ チヨコ)  
医学博士。1959年生まれ。医療法人社団タイオンサーモセルクリニック理事、獣医師、医学博士。北海道大学大学院獣医学研究科修了後、同大学大学院医学研究科にてウイルスのDNAワクチンに関する研究で医学博士学位取得。金沢医科大学熱帯医学研究所(現総合医学研究所)、大阪大学医学部付属動物実験施設、カリフォルニア工科大学Dr.James H.Strauss研究室等を経てウイルスと宿主免疫の研究に携わるなか、HIV感染症に全身温熱療法を適用することで免疫を維持しながらウイルスの増殖を抑え、AIDSの発症を阻止する試みがアメリカやロシア等で行われていることを知り、ウイルス研究の一環として2000年から全身温熱療法の基礎研究に従事。現在、種々の加温法による効果と安全性の研究結果を健康増進に活かすことを目指し、重炭酸温浴法の臨床応用にかかわる研究も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)