• 本

日本の気配

増補版

ちくま文庫 た96−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-480-43759-4
4-480-43759-2
税込価格 924円
頁数・縦 344P 15cm
シリーズ名 日本の気配

商品内容

要旨

「個人が物申せば社会の輪郭はボヤけない」。最新の出来事にも、解決されていない事件にも粘り強く憤る。東京五輪に開催後でも反対する。日常に潜むヘイトの萌芽、監視社会、政治家の空虚な言葉、コミュニケーションを「能力」で問うこと、等々への違和感を引きずり、問い続ける。「空気」が支配する国から、「気配」で自爆する国へ。その後の展開を大幅に増補した。

目次

第1章 空気と気配(ヘイトの萌芽
「われわれ」とは誰なのですか ほか)
第2章 隷従する私たち(予測された混迷―ただ解体が進んだ国立競技場
地方創生と原発広告 ほか)
第3章 愚者と巧者(「誤解」と言わせないための稲田朋美入門
小池百合子のテレビ活用法 ほか)
第4章 政治の気配(胸に刻み続ける“官設”話法
「他よりマシ」と付き合う ほか)
第5章 強いられるコミュニケーション(駅長の言葉に歯向かう
訃報をこなす感じ ほか)

出版社・メーカーコメント

「個人が物申せば社会の輪郭はボヤけない」。最新の出来事にも、解決されていない事件にも粘り強く憤る。その後の展開を大幅に増補。解説 中島京子

著者紹介

武田 砂鉄 (タケダ サテツ)  
1982年、東京都生まれ。出版社勤務を経て、2014年からフリーライターに。著書に『紋切型社会―言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社、新潮文庫、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)などがある。新聞への寄稿や、幅広いメディアでの連載を多数執筆するほか、ラジオ番組のパーソナリティとしても活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)