• 本

知覧と指宿枕崎線の間

角川文庫 に4−116

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-04-111328-8
4-04-111328-8
税込価格 660円
頁数・縦 235P 15cm

商品内容

要旨

京王多摩川の河原で、30代男性の刺殺体が発見された。遺体から、「大義」と書かれた紙が見つかった。十津川警部が捜査を開始すると、20代の女性会社員、60代の大学教授の死体が立て続けに発見される。どちらの現場にも「大義」の文字が残されていたことから、連続殺人犯の動機を辿っていく。被害者たちの家族が、戦時中に陸軍の航空機に関わっていたことがわかり、鹿児島・知覧へ。真犯人を炙り出すため、十津川が放った奇策とは!?

出版社・メーカーコメント

連続殺人の現場に残された「大義」の文字。前代未聞の事件に十津川が挑む!多摩川の河原で30代男性の刺殺体が発見された。現場には「大義」と書かれた白い封筒。その後も、立て続けに死体が発見される。十津川警部は、連続殺人犯の動機を辿り、鹿児島・知覧へ向かうが・・・・・・

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞受賞。2004年、第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。19年「十津川警部」シリーズで第4回吉川英治文庫賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)