• 本

吹奏楽部バンザイ!! コロナに負けない

出版社名 ポプラ社
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-591-17074-8
4-591-17074-8
税込価格 1,496円
頁数・縦 255P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 吹奏楽部バンザイ!! コロナに負けない

    青春のすべてをここにかけてたと言っても過言でない吹奏楽部の活動は、コロナ禍でコンクールも演奏会の機会を奪われた。そのうえ日頃の練習は大きな制限を受けて、吹奏楽部員の気持ちは大きく揺らいだに違いない。ここには全国の5校の生々しい葛藤と現実が綴られている。「世界でただ一人の吹奏楽作家」のオザワ部長の熱い取材が、読む者に強く訴えかけてくる。多くを失いながらも、明日への希望につながる部員たちの姿に胸を打たれる。

    (2021年11月18日)

商品内容

要旨

コロナに立ち向かった吹奏楽部員たちの物語。部活動の中でも特に熱いことで知られている高校の吹奏楽部。青春をかけて大好きな音楽に没頭していた部員たちを突如襲ったのは、世界中をパニックに陥れた新型コロナウイルスでした。約3カ月にも及ぶ臨時休校、コンクール・コンテスト・演奏会の中止など、吹奏楽部は自分たちの音楽を外部に届ける機会を失いました。練習にも大きな制限がかかり、「吹奏楽部の日常」が大きく揺らいだのです。

目次

第1章 オレンジの悪魔vsコロナ―世界的に有名なマーチングバンドの奮闘記 京都橘高等学校吹奏楽部
第2章 コロナ禍でも走っていこう、明日も!―全国大会常連校のリモート合奏 東海大学付属高輪台高等学校吹奏楽部
第3章 仲間がいたから、ひとりじゃないから…―コンクール代替大会で見つけた“吹奏楽する”意味 水戸女子高等学校吹奏楽部
第4章 全国大会さでっぞ!―コロナ禍を乗り越え、たった12人で挑む56年ぶりの全国大会 山形県立鶴岡工業高等学校吹奏楽部
第5章 演奏のディスタンス、心のディスタンス―復活を目指して名門吹奏楽部の関係者限定定期演奏会 北海道札幌白石高等学校吹奏楽部

出版社・メーカーコメント

2020年におこったコロナ禍において、高校吹奏楽部に関わる学生たちも、自宅待機によるクラブ活動の自粛や吹奏楽コンクールの中止などさまざまな困難にみまわれた。そのとき、京都橘高等学校・東海大学付属高輪台高等学校・水戸女子高等学校・山形県立鶴岡工業高等学校・北海道札幌白石高等学校の各吹奏楽部が、その状況をどのように乗り越えたかを描いたオムニバスノンフィクションストーリー。

著者紹介

オザワ部長 (オザワブチョウ)  
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部文学科文芸専修卒。芥川賞作家・三田誠広に師事。現在、「世界でただ一人の吹奏楽作家」として活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)